なぜ人材ビジネスか?
                             http://www.kakenk.co.jp/pre/kyujin/
"人”関連ビジネスに着目が集まっている。             2007.4.1
                
SOHOや小企業間の連携であれ、会社組織の人の活用であれ、人の生き方働き方が大きく
変わり多様化の時代を迎えている。

ビジネスを動かすための「人の仕組み」を効率化させる道が日本経済に求められている。

リストラによる人材の効率化は既に実行されているが、製造業界でも、工場や製造現場への
人材派遣が解禁され、自らが従業員を雇用、育成しなくとも、人材派遣会社から必要なスキ
ルを持った労働者を調達する。

経営サイドとしては仕事量に応じて人員調整ができる。あらゆる業界、職種において“正社
員”から“非正社員”へのシフトが起こっている現状を踏まえれば、そこで職を失う人が出
る反面、人材に絡んだ新サービスを立ち上げることでチャンスを掴む人も現れてくる。

パート・派遣、1500万人時代。役員を除く雇用労働者(約5000万人)の3人に1人弱を占める。
厚生労働省も働き方の選択肢を増やすための法整備を進める。

これらの働き方の多様化により、求め方に対してもダイナミックな方法で対応しないと、ち
まちまと時間を使って対応していてもミスマッチが多く非効率である。

そこで、人材ビジネスとして成功するにはダイナミックにWEBを活用、大量の中からマッ
チングまでを自動化してしまう視点が必要になる。


人材募集段階で、合理的に事務の手間を省く    お問い合せ


〒 600-8385 京都市下京区大宮仏光寺下ル新日勝ビル3F
Fax 020-4669-1642 (メールFAX受信)
株式会社カケン 担当:太田 お気軽メール
<当社製品販売協力者募集を開始しました>