株式会社カケン
IT活用経営革新(ネットが事務所)で儲ける!!
「企業を伸ばす経営革新」は「ネット上に事務所を置く」ことから始まる。
WEB活用による非常識経営のおすすめ 
  

データー処理ができるホームページは、
  なぜ、経済的で効率が上がるのでしょうか?
          WEB(インターネット)で稼働するシステムソフト開発

1.科学的経営手法の必要性

 情報時代にあって、インターネットは事業の無限の可能性をつかみ取る手段である。
 事務処理の手段のみならず、情報という将来経営を先取りする手段になっています。
 インターネットは現実の世界を大きく変えようとしています。

2.手間ひま時間経費をかけられない時代です

 過去の時代がオフコンからパソコンへ移行した理由を考えれば、明白である。
 情報やデータを、必要な目的や結果に加工する場合、経済的に小回りが利く方がよい。
 しかも、大量情報処理にも対応できることも必要です。
 機器類も安価で、経済的に分散処理も可能で、ホストに負担がかからない。
 経営システムの構築に至るまで、短時間で経済的に可能である。
 経営業務の変化に対応して、システム変更が経済的に可能である。

3.その他、卓越した便利さがある

 経費をかけることなくインターネットで簡単にシステム変更やメンテナンス作業ができる。
 したがって、今までのように保守メンテナンス費用を多くかける必要がない。
 お困りごとや、ご指導にも時間的空間的制約なしに対応できる。
 インターネット技術もどんどん進化するものであり、企業も継続的に対応できる。

当社の最善策について

1.開発言語選択の重要性

 型にはまった言語では、自由が利かない。
 自由な開発ができる言語であっても、手間ひま時間が必要では開発経費は高くつく。
 最適言語として当社はARAGOを採用しています。

2.ARAGOには卓越した便利さがある

 ユーザ認証システムが容易に構築でき、セキュリティーに優れている。
 インターネットホームページ上でデータや情報処理が簡単にできる。
 したがって、人が2度にわたってデータ入力作業をする必要がない。
 お客様が入力したデータを、自社で再度入力することはない。
 プログラム無しで、ダイレクトにデータを操作することも簡単にできる。
 処理工数が他言語の1/10のため、システム変更なども容易である。

3.データーベース型処理言語としての要点

 データ件数に関係なく瞬時に目的データが検索できることが、優先される
 (インデックス機能を既存で保持しているから高速検索できる)
 データないしは加工・集計データなどが、他のソフトで容易に活用できること。
 必要なデータのみを容易に抽出して、簡単に自己用のデータとして加工できること。
 情報収集・整理手段として、人手を使うことなく容易に整理できること
 情報発信手段として、整理された情報をもとにホームページを自動作成するなど、容易に人がわかる情報に加工できることなど

4.開発事例ページへ

これからは、ホームページとデータベースは連動して、情報のやりとりができることが、事業発展の重要な鍵となることでしょう。
◆ IT活用経営革新(技術)コンサル派遣助成制度をご利用下さい。
◆ お問い合わせ・相談無料 ここをクリックして下さい

〒 600-8385 京都市下京区大宮仏光寺下ル新日勝ビル3F
 Tel 090-6327-1723 Fax 020-4669-1642 (メールFAX受信)
 株式会社カケン IT経営支援(アイ・ケー)担当:太田
 E_mail:ohta@kakenk.co.jp

はじめに

 

タダでもらえる
IT活用型経営革新モデル
事業補助金獲得のポイント


 

 

IT活用経営革新(技術)
コンサル派遣助成制度

 

なぜ、儲かるの?
日常業務情報共有事例