戻 る   IT活用部会
システム不具合連絡先

メンバーのみ投稿できます
メンバー内掲示板に感想や意見を書く     投稿 (投稿方法の説明) 


11月例会「ドロップシッピングの基礎」

 

 

 

                                
                         
◆「商材を持たないあなたでも、簡単にネットショップを開業できる! 〜ドロップシッピングの基礎知識 〜」

◆ネットショップをはじめてみたいのだが自社にはネットで売れるような商品がない。また、仕入れ資金の調達や在庫管理がたいへんそうだからという理由で二の足を踏んでいるあなたでも大丈夫です。

ドロップシッピングなら、在庫ゼロ、梱包・発送不要でショップ運営が可能です。

あなたはただ売ればいいだけ!すでにショップ運営をされている方には取扱商品の幅を簡単に広げられるというメリットもあります。

近い将来日本で大ブレイクすると言われている「ドロップシッピング」について、分かりやすく解説していただきました。
◇日時… 11月24日(金)午後6時30分〜 中小企業会館にて
◇講師… 山根美佐子氏 ハンマーテック代表

◇感想
良いお話を聞いただけではなく、経営者としての現実の問題が質問という形式で熱心に議論されたことは「学びと実践」としての例会としてよかった。

個人的には、事務所に帰ってプロバイダーが用意しているページを利用して、10分でドロップショップを開店させることができた。
target=_blank>http://realmarket.jp/shophana/

知ることは大切、知ったことは実践する。さらに知恵を加えて完成させたいものです。

投稿者:太田英輝 2006年12月04日 21時38分05秒  30


9 月オープン例会「 IT 実践塾」報告

 

 

 

9月のオープン例会が2006年9月28日に京都府中小企業会館で行われました。

今回はマイクロソフト株式会社との共催で「IT実践塾標準編〜経営者様向けセミナー」と題し、森戸裕一氏(ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 福岡同友会会員)にご講演をいただきました。



・中小企業の現状 - 「人・モノ・カネ」がないのは当たり前。スピード、柔軟性、創造性で勝負。
・事例に見る成功と失敗 -  何のためにITを導入するのか?目的意識を持ちましょう
・セキュリティー確保の必要性 -  セキュリティーへの取組みは声高にアピールしましょう。
・ITで成功する経営者とは

等々多岐にわたるお話を、たくさんの事例を交えながらわかりやすく(早口で)お話し頂きました。

「ITをそれほど特別なものと考える必要はありません」
「ITはマーケティングには最適です。このページは関係ないなと思わず、なぜ成功しているのか?経営者の目線で見て下さい」
「溢れる情報の中から絞り込んで活用して下さい」

というお言葉の中に、これからの「経営者のIT活用」のヒントが凝縮されていたように思います。

今回は講演だけの例会でしたが、多数の方にお集まり頂き、誠にありがとうございました。

投稿者:久間 睦 2006年09月29日 13時26分32秒  29


2006年京都同友会「経営研究集会」報告

 

 

 

2006年7月22日土曜日京都国際会館にて、京都同友会「経営研究集会」が開催された。

IT活用部会は「営業戦略におけるIT活用を考える」第10分科会を担当した。
全12分科会中最多のご参加をいただき、座長には部会長の山本さん 室長には山田さん のお世話により、白鳩の池上勝さんと長谷川クラフトの長谷川さんに実践報告をいただいた。

グループ討論では、参加者の実践報告からも互いに学びを得て、今後の自社の課題も明確にして持ち帰り、より強固な経営に生かされていくものと思われる。
みなさん ご苦労様でした。ありがとうございました。

投稿者:太田英輝 2006年07月25日 16時57分50秒  27


オープン例会「1から始める社長のためのネットショッ

 

 

 

5月のオープン例会は、
「IT の知識に詳しくなくてもネットショップ経営はできる!
お客様が何を考え何を望んでおられるのかはネットを通じて
お客様に聞けばよい。成功のために経営者がすべきことは何かを
ネットビジネスを通じて組み立てよう!」
と題して
カップ、トロフィ−、楯などのオリジナル商品をネットで販売されている
株式会社山城工芸(123 Trophy)さんの代表者、田村信夫氏に
お話していただきました。
・経営者は経営資源の配分に全力を尽くす
・社長がやらない事を決める(スタッフに成功体験を積ませる)
・ネットビジネスといえども事業計画が大切
などなど、実際にネットショップを運営されているからこその至言を、
たくさんいただきました。
「ネットはまず試してみる」というお言葉がとても印象的でした。

20名以上のご参加をいただき、座る場所がないほどでした。
次回は開催場所の検討などさらにスムーズな運営を心がけます。
ご参加いただきました会員のみなさまありがとうございました。

投稿者:久間 睦 2006年05月26日 13時12分03秒  26


IT化事例から学んだこと(3月23日オープン例会報告9

 

 

 

私が経験した!!IT化事例から学んだこと
約20名の皆さんの参加で、オープン例会が3/23開催されました。
報告者 PIUの三浦英史さん

IT化の大切なポイント
1.目的を明確にする
2.目的に応じた、広い視点で、設計する
3.段階的発展を考えた、設計をする
4.コストを考え、必要なものを絞り込む
5.運用方法を明確にする
6.変化に対応できる体制をつくる
にまとめていただきました。

理解のレベルや業種の違い、参加者にとって今自社がなすべきことに違いがあったものの、本質はつかめたものと思います。

投稿者:太田英輝 2006年04月15日 17時27分05秒  25


2006年1月26日定時総会を開催

 

 

 


集酉楽サカタニにて
部会長 山本邦雄
副部会長 久間 睦
新任副部会長 藤居 實
新任副部会長 山田修司
会計 杉本克比古
 各氏が選出されました。

昨年度の反省と、今年度の方針について、意見交流がなされ、おいしいお酒をいただきま
した。

今年度の具体的活動は
1)「情報化と企業経営」に関するオープン研修例会の開催
同友会内外で、経営者があまりITに詳しくなかったにもかかわらずIT化に成功しておられる企業を中心に報告してもらう。
2)SEOやブログなどのオープン研修会
  一方で少し専門的な研修会をテーマをしぼって行う。
3)IT活用相談(無料)自社の企業経営にITを活用するにはどうすればよいかという質問を中心に相談を受ける。(それ以外でも一応可)
4)同友京都のコラム執筆や各支部のパソコン勉強会へ、会員を回りもちで派遣する。
5)上記の活動や懇親会を通じて会員の増強を図る。
追加された事項
・e-doyu 普及に協力する。
・7月22日土曜日に開催される京都経営研究集会の「ITと経営」に関する分科会を担当する前提で実行委員会に参加する。

投稿者:太田英輝 2006年01月28日 17時09分50秒  24


2005年2月度例会議事録

 

 

 

日時:2月24日
場所:同友会談話室
参加:太田、山田、山本、久間(順不同敬称略)

1月に催された定時総会の決定事項を踏まえ、2005年度の活動について話し合われ確認された。

活動の具体的内容
1.同友会内の「情報化と企業経営」に関するオープン研修例会の開催について
(三役担当:伊藤真也氏)
オープン研修例会を4、6、9、11月に開催する。
4月:報告者 山本邦雄氏(有限会社メディアライン)
標題「印刷会社からのIT起業体験(仮題)」
会場 中小企業会館企業会館
6月:講師 山田修司氏(アイシーエルシステムズ有限会社)
標題「未定」
(IT化に対する中小企業に大切なことについて資料を示しながら
というスタイルで。内容は来月の例会で具体的に詰めていく)
また、オープン研修例会で選択形式のアンケートを行い、参加者の満足度や、
ニーズを知り次回へつなげていくべきとの意見が出され、承認された。
原案は山田氏より提供していただく。
9月、11月のオープン研修会の内容については前2回のアンケート結果に
基づき順次決定していく。

2.例会議事録をとり、年度を通じて活動と同友会内への提案をまとめる。
(三役担当:久間)
議事録は参加メンバーに持ち回りでお願いしていく。議事録は当掲示板に、
掲載する。

3.部会員の増強(オープン研修例会後、希望者懇親会を開催する等)
4月オープン研修会後、希望者懇親会を開催する。場所の設定は久間が担当する。

4.部会のPR
同友京都にコラム欄を確保した。(三役担当:水野伊佐夫氏)
部会員順次持ち回りで執筆をお願いする。

以上

投稿者:久間 睦 2005年03月01日 01時48分57秒  21


2005年1月27日定時総会を開催

 

 

 

集酉楽サカタニ様のオープンスペースをお借りして総会を開催した。

部会長 太田英輝
副部会長 水野伊佐夫 伊藤真也
新任副部会長 久間 睦 会計 村上晶子
 各氏選出

昨年の反省と、今後の方針について、意見交流がなされ、おいしいお酒をサカタニ様から試飲させていただきました。

お酒が入った関係もあって、活発な交流がなされ、今年度は
1.同友会内の「情報化と企業経営」に関するオープン研修例会の開催
 (部会員が積極的に報告者となって開催する)
2.例会議事録をとり、年度を通じて活動と同友会内への提案をまとめる。
3.IT活用相談(無料)の継続と面談無料相談の開始
 (面談は、部会例会に参加いただき20分程度とする)
4.部会員の増強(オープン研修例会後、希望者懇親会を開催する等)
5.部会のPR
 (「同友京都」コラム欄確保・部会ホームページ等)
の方向性が話し合われました。
今後、これらの再確認と具体化をしていくこととします。

投稿者:太田英輝 2005年01月28日 20時13分01秒  20


6月24日の例会風景

 

 

 

伊藤さんの司会で、久間さんの問題提起
で、真剣に考えました。

投稿者:太田英輝 2004年06月25日 14時20分05秒  11


6月24日の例会風景

 

 

 

IT活用部会の生き方・活かせ方
について、熱心に意見交換
多くの学びを得た。

投稿者:太田英輝 2004年06月25日 14時07分16秒  9